枯木チャリダー





大渓老街(桃園県) :: 2016/11/01(Tue)





2016/10/19

台湾鉄道:中壢駅で下車後、桃園客運バスの中壢バスターミナルから、「台湾好行」バス慈湖線に乗り換え。または、中壢駅裏から桃園客運バスの5098番に乗り換え、大渓方面へ。新街尾バス停で下車後すぐ。

台鉄台中駅から自強号(特急)に乗ります



約1時間半で中壢駅



こちらは表側
駅の裏へまわって



桃園客運バスターミナル



桃園客運バスの5098番に乗り、大渓方面へ約30分
新街尾バス停で下車、すぐのところが



大渓老街メイン通り(和平路)



建ち並ぶバロック式建築は、日本統治時代に整備されたものです



大渓老街は当時の状態でよく保存されています







こちらは、中山路



動画の修復中の建物は「Kensei Shoco、建成商行」

1920年代の建物の流行をすべて網羅した屋根は弓状に張り出し、両側の2本ずつの柱も力強い
珠を連ねた彫刻は、商人の象徴である算盤を表しています

中は廃墟で伽藍洞



にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村


一人旅 ブログランキングへ



スポンサーサイト
  1. 台湾大好き!
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<台鉄平渓線 と 【 10月備忘録  】 | top | u-bike,i-bike,c-bike>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://karekichari.blog112.fc2.com/tb.php/1967-b8875377
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)