2016/06/16

弥勒丸





太平洋戦争末期に台湾沖に沈んだ豪華客船「弥勒丸」の物語


『シェエラザード上下』浅田次郎(講談社)

阿波丸事件に添った小説、阿波丸を弥勒丸と名づけて、
安導券とM資金もからんで骨格は史実に沿っているので
ユーチューブで交響組曲「シェエラザード」を聴きながら、迫力満点でした


(ユーチューブより)


阿波丸事件(あわまるじけん)は、太平洋戦争中の1945年(昭和20年)4月1日にシンガポールから日本へ向けて航行中であった貨客船阿波丸が、アメリカ海軍の潜水艦クイーンフィッシュ (USS Queenfish, SS-393)の雷撃により撃沈され、2000人以上の乗船者のほとんどが死亡した事件である。阿波丸は日米間の協定で安全航行を保障されていたはずであった。(ウィキペディア)




にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

太平洋戦争

交響組曲「シェエラザード」 拝聴です。

 ありがとうございました・・・・・

そんな大きな犠牲者が出た事件があったなんて、知りませんでした。。
なにかとても 裏にありそうですね。
ちょっとショック。

昨晩のNHK「私の履歴書」(かな?)は小倉智昭さんでした。かれの父親は阿波丸に乗る予定だった
のですが、定員をオーバーしたため上官として部下を優先し、乗らなかったのだそうです。それが・・・
自らもそれを人生の皮肉と語っていたようです。
阿波丸のことは全く知らなかったのですが、いま、シエラザードにたどり着くというドラマになりました。

Re: 太平洋戦争

ほつ枝さま、船員が船(彼女)に対する思いが、存分に描かれてましたよ

おこちゃんさんへ

おこちゃんさん、コメントありがとうございます
そうなんです、何かありそうで小説にしたのでしょうね

あらいぐまさんへ

私は見ませんでしたが「ファミリーヒストリー」ですね
ヘェー!、偶然です
小説では、弥勒丸の秘密の任務を知ってしまったので撃沈される危険が高く、陸軍が人間の盾として民間人を多数乗せようと・・・

名作ですよね。

過去と現代という二種の糸を編んで紡ぐ「浅田節」の真骨頂。
「あっ!そうか!」と読み手を絶句させるエンディング。
彼の作品全てを読破してはいないけれど、日輪の遺産」と
双璧を成す名作、と秘かに思っています。

初めて海外出張に飛ぶ、というフィクション嫌いな親友に
「騙されたと思って読め」と勧めたところ、見事轟沈(笑)。
「あの小説が面白過ぎたせいで寝不足の時差ボケに悩んだ」
「帰って来るなり阿波丸事件の検索にハマった」そうです。

数年振りに読み返そうかな、シェエラザード・・・。

Re: 名作ですよね。

こんのすけさん、こんばんは
コメントありがとうございます

親友さん、魚雷4発命中ですね
クライマックスは、弥勒丸に流れていた「シェエラザード」を聞きながら読みました

今後ともよろしくお願いします