2016/04/18

京都花園、妙心寺





膝のビハビリに歩きます
京都花園界隈へ



京都市右京区の「花園」という地。
臨済宗妙心寺派の大本山である正法山妙心寺
開山は関山慧玄(かんざんえげん)、開基は花園法皇

現在の妙心寺は、塔頭46ヶ寺、末寺は日本をはじめ世界各国にわたり3,400ヶ寺余り


妙心寺の三門

妙心寺の三門(特別公開中)は、応仁の乱後,家康の支援を得て,慶長4年(1599)に建てられたそうです
楼上には、観世音菩薩と十六羅漢が祀られ、極彩色鮮やかに飛天や鳳凰、龍の図が柱や梁に描かれています。



写真撮影禁止でパンフレットより
いいものを観ました



妙心寺の境内にある塔頭の道を抜けて



シャクナゲや



フジを眺めながら



京福電鉄北野線「妙心寺」から



「帷子ノ辻」で嵐山線に乗り換えて、おしまい





にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

すごいですね
これだけ走り回ったら、タイヤ交換も数えきれないでしょう
人はやれば出来るものなんですね
元気付けられました

れみわさんへ

コメントありがとうございます

そうですね・・・
タイヤもケツも擦り切れました

 こんばんは。

 臨済宗妙心寺は、オイラの家の寺の総本山です。

 京都出張の折、半日時間が空いたので京都駅前のバス亭で時刻表を見ていたら、知らないオジサンに声をかけられ、

 「タクシーなら面白い所へ行けますよ」
 「どこですか。タクシー乗り場は?」
 「私がタクシー運転手です」

 と、タクシー運転手に拉致されて知らないで着いたところが妙心寺。
 天井の龍に驚き、嵐山の湯豆腐も食べに連れて行ってくれました。(笑)

 家に帰って調べたら、毎年、花園会の会費を納めていました。

少年オヤジんへ

そうでしたか
法堂の雲龍図も観ましたよ
不思議な龍でしたね、観る位置で違うんですね龍が上へ下へ