2013/10/12

おおさかカンブァス2013




日頃は、まず行かないエリア
中之島の西の端
宮本輝の「泥の河」の舞台だぁ

その安治川に浮かぶ

IMG_5199_convert_20131012220109.jpg

IMG_5200_convert_20131012220132.jpg

IMG_5176_convert_20131012220038.jpg

ラバー・ダック

IMG_5214_convert_20131012220210.jpg

堂島川の遊歩道から






にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

こんばんは~

(^^)

変わった写真になりましたね~

宮本輝の作品は大好きです。文章も内容も好き。一時夢中になって次々読んでた。それでもまだまだいっぱい読んでないのがある。最近は読み切るパワーが自分になくなってる気がする。以前の中之島とは全く違うんですね?以前の様子が見たい気がします。
ところで、この巨大あひるはともかく、こちら側のリアルな動物たちは何ですか?

flowerh さんへ

flowerh さん、いつもどうもどうも

ナンノコッチャわかりませんねえ、このスチェーションで究極のパフォーマンスがあるらしいですよ

majobaasan さんへ

majobaasan さん、最近は読んでないですが、デビュー当時は好きでしたね宮本輝の作品
この川辺(土佐堀川)にある会社に長年勤めていたもんだから
変わりましたねぇ
ドブ川で木製の沈没しそうな船が沢山係留されてましたし
ゴカイを取る船がたくんいました
宮本輝の描いた「泥の河」でしたよ、巨大な生き物が潜んでいるようで・・・

動物たちは「絶滅危惧種」
動物がいっぱい

この場で芸術家たちのはフォーマンスがあるそうです、その舞台装置なんでしょうね