枯木チャリダー





日本縦断②【番外編】 :: 2013/08/23(Fri)





次回、続きのコースは会津若松から新潟佐渡へ渡る予定なので
レンタカーを借りて観光オンリーで東京まで出ます
乗り捨てて、新幹線で東京からお盆に間に合うように地元へ帰ります

よって自転車日本縦断はここで中断、あとは【番外編】でUPしました


【番外編】

2013年8月11日
会津若松滞在、八重の里散策


11-001_convert_20130821212041.jpg
周回バスの「ハイカラさん」、逆回りは「あかべぇ」

11-002_convert_20130821212117.jpg
鶴ヶ城へ 


11-003_convert_20130821212143.jpg
鶴ヶ城、若松城とも会津城とも云う

11-004_convert_20130821212210.jpg
手前の低い山が、小田山、ここから官軍が鶴ヶ城に大砲を打ち込む

11-005_convert_20130821212243.jpg

11-006_convert_20130821212309.jpg
再び「ハイカラさん」で飯盛山へ

11-007_convert_20130821212406.jpg
飯盛山麓

11-008_convert_20130821212439.jpg
白虎隊が自刃した場所

11-009_convert_20130821212514.jpg
飯盛山から鶴ヶ城を眺める、うっすらと小さく見えるんだけど

11-010_convert_20130821212547.jpg
自刃した白虎隊の墓

11-011_convert_20130821212620.jpg
会津さざえ堂

11-012_convert_20130821212654.jpg

11-013_convert_20130821212723.jpg
ぐるぐる昇って下がってくるが、同じ廊下は通らない

11-014_convert_20130821212837.jpg






2013年8月12日
大内宿から日光東照宮


12-001_convert_20130821212917.jpg
裏街道から大内宿へ、下郷ダム

12-002_convert_20130821213001.jpg
大内宿

12-003_convert_20130821213028.jpg

12-004_convert_20130821213059.jpg

12-005_convert_20130821213126.jpg

日光東照宮へ移動

12-006_convert_20130821213159.jpg
日光東照宮

12-007_convert_20130821213231.jpg

12-008_convert_20130821213258.jpg
見ざる言わざる聞かざる

12-010_convert_20130821213404.jpg

12-011_convert_20130821213434.jpg
陽明門は修理中

12-012_convert_20130821213509.jpg

12-013_convert_20130821213543.jpg

12-014_convert_20130821213607.jpg
眠り猫

12-015_convert_20130821213643.jpg
宝塔






2013年8月13日
スカイツリー・江戸東京博物館


13-001_convert_20130821213709.jpg

13-002_convert_20130821213736.jpg

13-003_convert_20130821213756.jpg

13-004_convert_20130821213819.jpg

13-005_convert_20130821213843.jpg

13-006_convert_20130821213915.jpg

13-007_convert_20130821213945.jpg

13-008_convert_20130821214021.jpg


江戸東京博物館へ移動

13-009_convert_20130821214055.jpg

13-010_convert_20130821214122.jpg

13-011_convert_20130821214154.jpg

13-012_convert_20130821214217.jpg

13-013_convert_20130821214250.jpg

13-014_convert_20130821214319.jpg

13-015_convert_20130821214347.jpg

13-016_convert_20130821214415.jpg

13-017_convert_20130821214451.jpg

13-018_convert_20130821214522.jpg

お断りしますが、博物館はミニチュアばかりではありません







にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
  1. 日本縦断②(苫小牧~会津若松)2013/07/24-08/10
  2. | trackback:0
  3. | comment:12

日本縦断その6東北(天童~会津若松) :: 2013/08/21(Wed)





2013年8月7日晴れ時々雨
天童~山形
走行距離 26キロ
ホテルニュー最上屋泊

山形は「花笠祭り」最終日



昨夜の豪雨は明け方近くに止み、霧が立ち込める朝です
道の駅「天道温泉」駐車場には、キャンピングカーやら車で寝泊りの方が大勢

07-001_convert_20130820124023.jpg

ゆっくりテントを片付けて出発です
今日は山形市街地まで、30キロもありません

そうそう、何故か、首から上はあるのですがヘルメットがありませぬ


07-002_convert_20130820124050.jpg

県道111号で山寺(立石寺)へ寄り道

07-003_convert_20130820124113.jpg

朝も早いので観光客もまばらです

07-004_convert_20130820124148.jpg

巨大なイチョウの木を通り
階段を上へ上へ

07-005_convert_20130820124217.jpg

姥堂です、ここで衣類、身ぐるみ持っていかれます
持って行くのは真ん中の人、奪衣婆です
ここから下は地獄で、上は極楽、浄土口です

07-006_convert_20130820124244.jpg

こんなに狭い場所があります、当然、いままで昔の人から全員、ここを踏みました
スベスベ石段です

07-007_convert_20130820124316.jpg

芭蕉の歌「しずかさや、岩にしみいる蝉の声」の短冊が埋まっている「セミ塚」

07-008_convert_20130820124353.jpg

07-009_convert_20130820124421.jpg

07-010_convert_20130820124457.jpg

おびんずるさま(ぼけ封じ)

07-011_convert_20130820124520.jpg

ナゼナゼ


奥の院

07-012_convert_20130820124558.jpg

納経堂

07-013_convert_20130820124640.jpg

五大堂

07-014_convert_20130820124704.jpg

麓にもどって山門で、名物「玉こんにゃく」をいただく
旨い!

07-015_convert_20130820124729.jpg

国道13号線に戻って、途中で自転車ショップに寄って、ヘルメット買って、山形駅到着

07-016_convert_20130820124758.jpg

駅前のホテルにチェックインして、風呂、洗濯済ませて
山形花笠祭りへ

この通りで行われます

07-017_convert_20130820124834.jpg

早くから場所取りが始まります

07-018_convert_20130820124906.jpg

今日が最後で、前二日間、雨でずぶ濡れだったそう
今日は大丈夫
太鼓の合図で「花笠まつり」始まりです

07-019_convert_20130820124943.jpg

07-020_convert_20130820125014.jpg

07-021_convert_20130820125103.jpg

07-022_convert_20130820125132.jpg

07-023_convert_20130820125214.jpg

07-024_convert_20130820125241.jpg

07-025_convert_20130820125308.jpg

ああ、楽しかった
これで、東北三大祭り?見ました!







2013年8月8日晴れ
山形~米沢
走行距離 52キロ
旅館一楽荘泊

国道、市街地を避けるバイパス、を避けよう



宿に泊まると、朝の出発時間がドンドン遅くなります
歳のせいかも知れません

部屋の窓から、いい天気です
ガラス越しなので、曇って見えますが、いい天気です

08-001_convert_20130820234544.jpg

予定走行距離が短いと、バイパスを避けて、市街地へ向かう道へ、それまくります

08-002_convert_20130820234629.jpg

奥羽本線沿いの「上山」に入ってきました
ローカル色が溢れます

08-003_convert_20130820234842.jpg

城もあります

08-004_convert_20130820234912.jpg

新幹線の疾走にも出会います

08-005_convert_20130820234932.jpg

国道に戻った後、また南陽市街地へ向かいます

08-006_convert_20130820234951.jpg

ロードマップルに載っているラーメン食べて
米沢市の上杉神社へ

08-007_convert_20130820235013.jpg

上杉謙信と直江兼続

08-008_convert_20130820235038.jpg

「殿、あそこが今日の宿、一楽荘ですぞぉ」

08-009_convert_20130820235102.jpg

一泊二食でのお泊りです、生ビール、タダです







2013年8月9日曇りのち晴れ
米沢~会津若松
走行距離 72キロ
ビジネスホテルオリエント泊

福島県境のトンネル、峠、トンネルだらけへ



夜のうちに降った雨もあがり、「八重の里」を目指します

09-001_convert_20130821002328.jpg

国道13号とお別れして会津街道、国道121号を走ります
そうこうしているうちに、山間部へ入る手前の

09-002_convert_20130821002358.jpg

道の駅「田沢」に着きました

ここから峠越えをして福島県を目指します
土木技術の粋を集めて冬期間の、米沢・会津を通行可能にした国道121号です

09-003_convert_20130821002423.jpg

上り詰めて、山形と福島の県境を貫く「大峠トンネル」

09-004_convert_20130821002458.jpg

越えて、福島県に入ると下りのトンネル、陸橋、トンネル、陸橋、トンネル、陸橋、トンネル・・・

09-005_convert_20130821002536.jpg

道の駅「喜多の郷」
喜多方は「ラーメンと蔵」だそうで

09-006_convert_20130821002556.jpg

09-007_convert_20130821002626.jpg

09-008_convert_20130821002720.jpg

09-009_convert_20130821002750.jpg

09-010_convert_20130821002820.jpg

09-011_convert_20130821002840.jpg

09-012_convert_20130821002928.jpg

をパチリパチリと見て回り、
喜多方中心部でラーメン食らってから

09-013_convert_20130821002955.jpg

会津磐梯山(向こうの薄~いの)を拝んで

09-014_convert_20130821003025.jpg

八重の里、会津若松市街地に入りました

09-015_convert_20130821003101.jpg

会津若松駅の駅前には、白虎隊が鶴ヶ城を見つめています

09-016_convert_20130821003125.jpg

ビジネスホテルへチェックイン







2013年8月10日晴れ
会津若松滞在
走行距離 5キロ
東横イン泊

大正ロマン溢れる七日町界隈をウロウロ



今日は、大正浪漫の雰囲気のただよう七日町通りをウロウロパチパチします
日光、越後、米沢街道が交わった城下の西の玄関口

まずは、戊辰戦争の会津藩犠牲者が眠る阿弥陀寺へ
少し高くなっているのは、1300柱もの戦死者で、穴に埋めきれず、土を盛ったとのこと

10-001_convert_20130821075542.jpg

手を合わせてから
大正浪漫へ

10-002_convert_20130821075613.jpg

10-003_convert_20130821075640.jpg

「会津新選組記念館」、元は骨董品屋?、やばくて濃い
レプリカか類似品か本物か、目利きが必須

10-004_convert_20130821075709.jpg

10-005_convert_20130821075738.jpg

10-006_convert_20130821075806.jpg

10-009_convert_20130821075840.jpg

10-011_convert_20130821075918.jpg

10-012_convert_20130821075949.jpg

10-013_convert_20130821080021.jpg

野口英世が暮らした町で、左手火傷の手術をうけた

10-016_convert_20130821080045.jpg

会陽医院の建物↑

10-017_convert_20130821080124.jpg

明日は、鶴ヶ城や白虎隊を見ますが、自転車での移動はここまでで終了
お盆には、地元に帰るので、明後日、レンタカーに自転車積んで、大内宿、日光東照宮、東京スカイツリー、江戸東京博物館を巡って、東京から新幹線で輪行して大阪へ帰ります

よって、日本縦断パート2東北編終了です
つづきは、ここ会津若松から中部、近畿へと向かう予定です




< 日本縦断番外編につづく >




にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

  1. 日本縦断②(苫小牧~会津若松)2013/07/24-08/10
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

日本縦断その5東北(大館~天童) :: 2013/08/20(Tue)







2013年8月3日曇りのち晴れ
大館~秋田
走行距離 112キロ
秋田YH泊

空太郎さんと再会、秋田竿灯祭りへ



今日は、秋田市まで走らなければなりませぬ
「秋田竿灯祭り」同伴で楽しむ約束をしています
変な関係ではないです

同伴相手は・・・・ この方です! 「空太郎」さん クリックで空太郎さんのブログが見れます

現在(8月19日)、北海道を北上中です、露出NGですが、昨夜テレビ全国露出しました!

03-001_convert_20130819082505.jpg

で、国道7号線で秋田市街地をめざします。まだ100キロあります
途中から、予定コース変更で県道24号へ
どこへ行くのか「大館能代空港地下道」に入っちゃいます

03-002_convert_20130819082531.jpg

阿仁川を渡り

03-003_convert_20130819082605.jpg

国道285号線で五城目へ

03-004_convert_20130819082630.jpg

道の駅「かみこあに」

03-005_convert_20130819082652.jpg

道の駅「五城目」

03-006_convert_20130819082718.jpg

再び国道7号線に合流して

03-007_convert_20130819082801.jpg

今夜の宿、「ユースパルあきたYH」にやってきました
なんと立派なユースホステル、
「秋田県青少年交流センター ユースパルあきた」の研修宿泊施設がユースホステルなのです
祭りの最中でよく宿をとれたものだ
空太郎さんが取ってくれていたのだ
すでに彼の自転車が・・・

03-008_convert_20130819082823.jpg

風呂に入って、洗濯乾燥(タダ)して、「竿燈祭り」を見に秋田駅前へGO!

03-009_convert_20130819082852.jpg

さっそうと走る顔出しNGの空太郎さん

03-010_convert_20130819230141.jpg

すでに見物客が場所取りしています
道路中央には長椅子が並べられ指定席、団体さんが多いよう

03-011_convert_20130819230232.jpg

各グループは、所定の位置まで竿燈を持って行進します

03-012_convert_20130819230304.jpg

合図とともに、一斉に竿燈が立ち上がります

03-013_convert_20130819230331.jpg

03-014_convert_20130819230402.jpg

大きな竿燈は50キロもあるそうです
  
03-015_convert_20130819230429.jpg

頭や肩や腰で竿燈を操ります
風が吹いたりバランスを崩した竿燈が観客席に倒れこむのも出てきます

03-016_convert_20130819230451.jpg

03-017_convert_20130819230515.jpg

こりゃ大変だぁ

03-019_convert_20130819230617.jpg

03-020_convert_20130819230647.jpg

祭り終わって、ユースホステルへ
誤ってベッドが四つの部屋チャージ、二人で使う









2013年8月4日晴れ
秋田~横手
走行距離 81キロ
横手プラザホテル泊

出会いは別れ、北行き、南行き



朝は、ゆっくりと9時30分出発、記念にYH前でパチリ

04-001_convert_20130819231512.jpg

空太郎さんの、部品から組み立てた愛車、荷物満載
空太郎さんは国道7号線を北へ、私は国道7号線を南へ

04-002_convert_20130819231543.jpg

しばらく進んで国道13号線へ

04-003_convert_20130819231614.jpg
  
田園が広がり道路状況も良好、天気も良好

04-004_convert_20130819231638.jpg

大曲手前のご線橋から、線路は奥羽本線

04-005_convert_20130819231711.jpg

04-006_convert_20130819231743.jpg

目的地、横手市手前で「アト三年」駅の標識発見で、何がアト三年なのか確かめるため寄り道

04-007_convert_20130819231807.jpg

そして横手駅到着
駅前のネット予約したホテルへ

04-008_convert_20130819231831.jpg

部屋の窓から








2013年8月5日曇り時々晴れ時々雨
横手~湯沢市横堀
走行距離 38キロ
道の駅「おかち」休憩室泊

進むべきか留まるべきか、それが問題



マックでモーニングのあと、国道13号線で湯沢・新庄方面へ

05-001_convert_20130820000440.jpg

奥羽本線を渡り

05-002_convert_20130820000512.jpg

道の駅「十文字」

05-003_convert_20130820000540.jpg

新庄まで行きたいが、峠とトンネルが数個ある
天気予報は午後から行き先が雨模様
どうも山越えと重なりそうなので、判断先延ばしで取りあえず次の道の駅まで

05-004_convert_20130820000610.jpg

05-005_convert_20130820000647.jpg

湯沢市雄勝町、小野小町の故郷で終焉地らしい
小町を忍ぶ「小町堂」
自分で彫った自分の木像があるとのことて、美貌の面影を求めて小野小町の菩提寺「向野寺」へ

05-006_convert_20130820000742.jpg

本堂には鍵が掛かっていて入れない
お寺の人もいない
張り紙があって、「御用の方はこちらまで」の電話をかけるが通じないので、アキラメタ!

05-007_convert_20130820000817.jpg

昼前に、小町の郷、道の駅「おかち」に到着
ここから山越えとなるが、天気予報では、もうすぐ雨が降り出して、雨量も多くなるとのこと
最近の天気予報は、場所も時間も詳しくなって、便利でもあるが不便でもある

少し様子を見ようと三時間ほど長居するも降りそうで降らない
山越えしとけばよかったと反省していると

05-008_convert_20130820000842.jpg

滝のような雨が降り出して、ここの休憩室に留まることにしました








2013年8月6日曇りのち雨
湯沢市横堀~天童
走行距離 97キロ
道の駅「天童」ステージ上泊

山越えで秋田県から山形県へ



道の駅「おかち」の休憩室は24H開放でカーペットの座敷もあって助かり
寝袋だけで過ごせました

06-001_convert_20130820083724.jpg

どうも今日も昼から雨予報なので、朝、雄勝川を眺めながら、夜明けとともに出発
山側は、雨が降るという「朝焼け」

06-002_convert_20130820083808.jpg

何かぁ~、いい景色

06-003_convert_20130820083838.jpg

ドンドン登って、

06-004_convert_20130820083911.jpg

峠のトンネル、雄勝峠と雄勝トンネル
トンネルの真ん中で県境、山形県の標識

06-005_convert_20130820083941.jpg

少し走るとまた峠、主寝坂峠
の手前で国道13号の本線は自動車専用道に
自転車弾き飛ばされ旧道に、と同時に「またこれ」

06-006_convert_20130820084002.jpg

旧道の峠のトンネル

06-007_convert_20130820084030.jpg

車がほとんど走らないので、どうどうと突入

06-008_convert_20130820084106.jpg

山を越えきって、山形はもうそこ

06-009_convert_20130820084132.jpg

今日は、道の駅「天童温泉」で泊まります
が、道の駅には温泉がありません
近くの風呂を紹介してもらって、テントを張る場所物色
雨が降りそうなので、屋根のある所で

06-010_convert_20130820084200.jpg

ということでステージ上にテント、としました


これが正解で、夜半に大雨、ステージの屋根と床で、浸水と降込みセーフ




< 日本縦断その6につづく >





にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

  1. 日本縦断②(苫小牧~会津若松)2013/07/24-08/10
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

日本縦断その4東北(函館~大館) :: 2013/08/18(Sun)






2013年7月29日曇り
函館~青森
走行距離 12キロ
アートホテルカラー泊

下北半島ぶっ飛ばして青森へ



悩んだあげく、下北半島の西側を走るつもりがぶっ飛ばしましたぁ
どうも天候不順

今日、気がついたがチェーンが

29-001_convert_20130817082640.jpg

このとおり、マッっ茶

青森へのフェリー、青函フェリーと津軽海峡フェリーがあって、値段が安い青函に乗りたかったが満席
1200出航で、青森まで4時間弱

29-002_convert_20130817082709.jpg

雲をのせているのは函館山

29-003_convert_20130817082850.jpg

オッ、遠くに下北半島西海岸の「仏ヶ浦」が・・・
あそこへ行きたかったなぁ

29-004_convert_20130817082918.jpg

15時40分に青森港、8月2日から始まる「青森ねぶた」と、下北半島の「仏ヶ浦」「恐山」の情報収集のため青森駅へ

29-005_convert_20130817082943.jpg

駅前からつづくこの通りで「青森ねぶた」祭りが

29-006_convert_20130817083005.jpg

駅周辺の青森県観光物産館アスパム

29-007_convert_20130817083028.jpg

「アスパム」裏手の青い海公園から青森ベイブリッジ

29-008_convert_20130817083052.jpg

この公園の大きなテント小屋は、青森ねぶたの拠点
中にはセットされた「ねぶた」が・・・

29-009_convert_20130817083117.jpg

繁華街のアートホテルカラーで三連泊します






2013年7月30日晴れ時々曇り
青森滞在
走行距離 21キロ
アートホテルカラー泊

三内丸山遺跡と青函連絡船



やっと朝から天気が良い
今日は南西10キロほどのところにある「三内丸山遺跡」へ

30-001_convert_20130817212318.jpg

5500年から4000年前の集合村落、縄文時代中後期
何と広い道路幅、側溝跡から当時のメイン道路をもとの場所で復元

30-002_convert_20130817212357.jpg

これは、今で云う不燃ゴミ置き場、土器の破片が重なっている現場

30-003_convert_20130817212425.jpg

掘立柱建物の復元

30-004_convert_20130817212450.jpg

大型掘立柱建物と大型竪穴住居の復元

30-005_convert_20130817212550.jpg

大型竪穴住居の内部

30-006_convert_20130817212626.jpg

今も発掘が進んでいる

30-007_convert_20130817212655.jpg

1500年続いた定住集落がなぜ終わったのか不明らしい


青森駅に戻って、係留保存されている青函連絡船、八甲田丸
保存費用が莫大でスクラップにするとか二年前にいっていたが、まだ存続している
甲板に当時の列車も展示してあるとのことで内部へ

30-008_convert_20130817212739.jpg

30-009_convert_20130817212802.jpg

主動力部エンジンが半端でない

30-010_convert_20130817212828.jpg

30-011_convert_20130817212903.jpg

30-012_convert_20130817212926.jpg
 
このレールで直接、列車をひきいれた

30-013_convert_20130817212956.jpg

今日は同じホテルで二泊目です








2013年7月31日晴れ時々曇り
青森滞在
走行距離 0キロ
アートホテルカラー泊

憧れの「恐山」へ

行く予定で行かなかった「仏ヶ浦」と「恐山」、未練タラタラ
フェリー、列車、バス、レンタカー、公共交通機関総動員で廻れないか相談したが・・・
一日では無理

よって「仏ヶ浦」あきらめて日本三大霊場の「恐山」へ、いざ出発

商店街は「青森ねぶた」の飾り付けが進んでいる

31-001_convert_20130817213113.jpg

青森駅から青い森鉄道とJRで下北駅へ
バスに乗り換えて

31-002_convert_20130817213144.jpg

恐山入口の「三途川」にかかる橋に到着
雨も降り出し環境設定も抜群

31-0025_convert_20130817213211.jpg

ここを渡れば「あの世」

31-0026_convert_20130817213233.jpg

渡ったので、ここはすでに「あの世」
ここから歩いてか空中浮揚かわからないが5分ほどて

31-003_convert_20130817213258.jpg

恐山菩提寺総門に到着
一週間ほど前まで「恐山大祭」があって、全国の「いたこ」が集まったそうな

31-004_convert_20130817213325.jpg

天候もくわえ、雰囲気が、それはもう「あの世」

31-005_convert_20130817213350.jpg

「さいの河原」の積み石と風車をどうぞ

31-006_convert_20130817213430.jpg

31-007_convert_20130817213548.jpg

ふただひ、「この世」に戻って、バス、列車を乗り継いで青森に帰ってきました
同じホテルで三泊目です。別に「青森ねぶた」を待っている訳ではありません








2013年8月1日雨のち曇り
青森~弘前
走行距離 55キロ
カプセルイン弘前泊

弘前ねぷた



今日は、訳あって、弘前まで移動します
青森から国道7号線、途中からJR奥羽本線沿いの県道247号線へ

01-001_convert_20130818211547.jpg

国道はバイパスが多く、市街地は迂回するようになっている所がほとんど
山の中腹のアップダウンを通らされ、景色もそっけない
ので、市街地を通るようにしているが、失敗も多いです

大釈迦峠手前のJRつるがさき駅を過ぎ

01-002_convert_20130818211620.jpg

峠を越えると田園風景が広がる

01-003_convert_20130818211644.jpg

再び国道7号線で弘前市街地をめざす
向こうにそびえる山は「岩木山」、雲をかぶって山頂まで見えない

01-004_convert_20130818211712.jpg

弘前市街地へ入ります

01-005_convert_20130818211736.jpg

映画「奇跡のリンゴ」でも紹介された弘前市、駅前のポストもこのとおり

01-006_convert_20130818211803.jpg

JR弘前駅

01-007_convert_20130818211843.jpg

カプセルホテルの位置を確認して、最勝院五重塔を見学に

01-008_convert_20130818211912.jpg

それから曹洞宗禅寺の長勝寺へ
正面が長勝寺だが、そこまでの直線道路の両側は、ズラッと曹洞宗禅寺が集められている
こんなの初めて見た

01-009_convert_20130818211939.jpg

庫裏に並ぶ五百羅漢

01-010_convert_20130818212014.jpg

バイバイと手を振っている方も、ハーイと手を上げている方もいらっしゃいます

01-011_convert_20130818212040.jpg

弘前城の入り口に回って、回っただけ
現存12天守閣制覇の最後まで残っていたこの「弘前城」は昨年来ましたので入り口のみ

01-012_convert_20130818212110.jpg

カプセルイン弘前にチェックインし、大浴場にはいり、サッパリして

01-013_convert_20130818212139.jpg

「弘前ねぷた」祭りにやってきました
青森、五所川原そして弘前は有名です
弘前は「ふ」に○、青森は「ふ」に濁点、違うんですね

01-014_convert_20130818212203.jpg

01-015_convert_20130818212234.jpg

おお太鼓の響きが最高

01-016_convert_20130818212317.jpg

01-017_convert_20130818212345.jpg

だしが高すぎて、信号機などのポールを
土台を下げて、だしの上部は折りたたんで通過

01-018_convert_20130818212411.jpg

いいねぇ~!







2013年8月2日晴れ
弘前~大館
走行距離 51キロ
大館グリーンホテル泊

JRで「青森ねぶた」へとんぼ返り



朝から快晴、待ってましたぁ
国道7号線で大館へ向かいます
振り返って

02-001_convert_20130818220111.jpg

岩木山
大館は県境の矢立峠を越えればすぐ

02-002_convert_20130818220131.jpg

こんなところにもリンゴマーク、から見えるのもリンゴの木

02-003_convert_20130818220153.jpg

峠を越えて秋田県で秋田犬のお出迎え

02-004_convert_20130818220339.jpg

歩道もきれいな国道7号をドンドン下って

02-005_convert_20130818220402.jpg

奥羽本線も乗り越えて、着きました

02-006_convert_20130818220437.jpg

JR大館駅
なぜ大館にしたかは、青森までの距離と秋田までの距離、列車、私の走行能力を勘案して、中継地は「大館」
ここで、ホテルの位置と、青森までの列車時刻の確認して
ホテルにチェックインして、サッパリして

青森駅までとんぼ返り
15時55分大館駅発で青森駅17時30分着

02-007_convert_20130818220601.jpg

戻ってきました青森
いよいよ今日から「青森ねぶた」祭りが始まりです

02-008_convert_20130818220635.jpg

02-009_convert_20130818220700.jpg

02-010_convert_20130818220727.jpg

02-011_convert_20130818220757.jpg

02-012_convert_20130818220823.jpg

02-013_convert_20130818220857.jpg

02-014_convert_20130818221026.jpg

02-015_convert_20130818221051.jpg

02-016_convert_20130818221114.jpg

02-017_convert_20130818221139.jpg

ここでも、祭りは大太鼓だねぇ

帰りの列車に乗りそびれたら大変
20時40分青森発で22時9分大館着で帰ってきました



日本縦断その5につづく






にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

  1. 日本縦断②(苫小牧~会津若松)2013/07/24-08/10
  2. | trackback:0
  3. | comment:4

日本縦断その3北海道(苫小牧~函館) :: 2013/08/17(Sat)





2013年7月24日曇りのち雨
苫小牧東港~苫小牧市街地
走行距離 25キロ
ビジネスホテル モトナカノ泊

いきなり夜間走行



24-001_convert_20130817002415.jpg

写真は、前日23日、新日本海フェリーに乗り込むとき
自転車は私一人でした
敦賀港25時出航で苫小牧東港20時30分着岸

24-002_convert_20130817002442.jpg

苫小牧東港は、周りが工業地帯なので、何もなく、苫小牧市街地までは20キロ以上
2年前にも、ここから出発しているので様子はわかっているで慌てなかった
前回と同じ公園でテント泊の予定でしたが、強風と雨模様で取りやめ
市街地まで走ることに





2013年7月25日雨のち曇り
苫小牧市街地~京極町
走行距離 88キロ
スリーユーパークキャンプ場泊

本格走行初日から雨走行



苫小牧市街地から国道276号線と並行している自転車道で支笏湖へ

25-001_convert_20130817002505.jpg

生憎の雨、雨ではフロントバックにセットしている地図が見えません

25-002_convert_20130817002532.jpg

ついでに、支笏湖も見えません
イヤ、たまに木々の合間に見えるだけ
支笏湖から離れるトンネル手前で記念碑発見でパチリ

25-003_convert_20130817002600.jpg

今日のメダマ、国道の先に「羊蹄山」発見

25-004_convert_20130817002636.jpg

と思っていたが、どうもこれは尻別岳
京極温泉手前にキャンプ場発見、道の駅「名水の郷きょうごく」で泊まろうと思っていたが予定変更
「スリーユーパークキャンプ場」にテント張って、温泉へ





2013年7月26日晴れのち雨
倶知安町京極~長万部
走行距離 89キロ
長万部温泉ホテル泊

夕食付きは最高



朝、雨は上がっている
左下のテントが私
向こうに雲をかぶっているのが「羊蹄山」、こちらです

26-001_convert_20130817002704.jpg

私の愛車

26-002_convert_20130817002731.jpg

はい、これが羊蹄山
道道478号からの眺め

26-003_convert_20130817002801.jpg

国道5号でニセコ方面へ向かいます
正面は「ニセコ高原」、パウダースノーのゲレンデは最高らしい

26-004_convert_20130817002830.jpg

道の駅「くろまつない」で体制立て直し
というのも手前の目名峠で不意打ちの風雨、レインウエアが間に合わず中がビショビショ

26-005_convert_20130817002854.jpg

長万部観光協会へ電話で宿泊施設の問い合わせで三軒目で予約

26-006_convert_20130817002917.jpg

一泊二食、部屋食で7000円
まだ天ぷらの盛り合わせが出てきた





2013年7月27日曇り
長万部~大沼公園
走行距離 90キロ
流山温泉キャンプ場泊

奥尻島は中止



朝から今にも降りそう
「稚内から苫小牧」のときは異常に寒かったが、今回は天候不順

27-001_convert_20130817002946.jpg

JR長万部駅
ここからは2年前に走った道、淡々とした国道5号
せたな方面への予定を変更して八雲へ、奥尻島は天候のため諦めた

27-002_convert_20130817003009.jpg

海の向こうは駒ケ岳
前回は駒ケ岳を海沿いに回り込んだが、今回は直進

27-003_convert_20130817003033.jpg

大沼国定公園の大沼

27-004_convert_20130817003055.jpg

大沼湖を東へ回り込んだところの「流山温泉キャンプ場」で寝ます

27-005_convert_20130817003124.jpg

雨が降りませぬように





2013年7月28日雨のち曇り
大沼公園~函館
走行距離 40キロ
ビジネスホテルきたぐに泊

イッキに下って函館へ



雨が上がった合間をみてテントを畳んで早朝出発
国道5号に戻ったところであとは函館まで下り

28-001_convert_20130817003149.jpg

大沼国道を走る、松並木が続くねぇ

28-002_convert_20130817003211.jpg

函館は前回、三泊滞在してるので、あちこちで用事を済ませてネット予約のホテルへ

28-003_convert_20130817003232.jpg



日本縦断その4東北編につづく





にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


  1. 日本縦断②(苫小牧~会津若松)2013/07/24-08/10
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
次のページ