2012/09/13

北海道(小樽~苫小牧)後編「拾いこんぶ漁」まとめ





12日目 9月1日曇り時々晴 根室→尾幌 走行距離125K





5時起床、5時半出発
根室市街地から、道に迷いながらJR根室本線沿いの道道142号を走る

901根室本線花咲付近道道1142号_convert_20120912111240
根室本線花咲付近

一両編成の列車だ

902和田屯田兵村被覆庫・西和田付近_convert_20120912111309
和田屯田兵村被覆庫・西和田付近

北海道の開拓と深く係わる屯田兵の施設

903道道1142号西和田付近_convert_20120912111327
道道142号西和田付近

霧多布岬まで、まだ61キロもあるが、変化に富んでいて面白い道だ

904落石付近道道1142_convert_20120912111344
落石付近

905別当賀付近道道1142号鹿_convert_20120912111406
別当賀付近

鹿は非常に多い、羆でなくて残念?

906初田牛駅_convert_20120912111431
初田牛駅

周りは果てしなく原野、道道142号はここで根室本線と分かれ太平洋沿岸へ

907恵茶人沼道道1142号_convert_20120912111453
恵茶人沼

幻想的な風景に佇む馬、

908拾い昆布・貰人付近・道道1142号_convert_20120912111516
拾い昆布・貰人付近

太平洋沿岸は昆布漁が盛んだ
海岸線に流れ着いた昆布を拾い歩いて干している

909道道1039号霧多布大橋_convert_20120912111539
道道1039号霧多布大橋

大橋を渡って岬へはいる
海霧が多いので「霧多布」かなぁと思っていたが地元の方によると、これもアイヌ語の当て字

910湯沸岬(霧多布)灯台_convert_20120912111601
湯沸岬(霧多布)灯台

霧多布岬のことを湯沸岬(とうふつ)と云うらしい

911霧多布岬_convert_20120912111624
霧多布岬

霧がなくてよく見れたが、霧があるほうが雰囲気がでるのか
ここから厚岸までの海岸線は起伏が激しそうなので、内陸を通る国道44号をめざす

912茶内・国道44号へ_convert_20120912111645
茶内・国道44号へ

913道の駅「厚岸グルメパーク」から厚岸湾_convert_20120912111703
道の駅「厚岸グルメパーク」

14時40分、道の駅「厚岸グルメパーク」着
向こうは厚岸湾

今日の宿まであと15キロほど

914ライダーハウス「あっけし」_convert_20120912111726
ライダーハウス「あっけし」

根室本線「尾幌」の駅前近くにある、ライダーハウス「あっけし」のお世話に
宿泊は無料、ボランティアでの運営で、今日は私一人だ

915ご主人と_convert_20120912111750
ご主人と

実費500円で「ジンギスカン」をいただき、ビールを飲みながらライダーハウスのご主人と雑談

916RH内_convert_20120912111812
RH内

今日もゆっくり休めそう!





【宿泊場所】 ライダーハウスあっけし




13日目 9月2日晴 尾幌→帯広 走行距離163K



4時30分起床、5時出発
RH「あっけし」のご主人が起きてきて見送ってくださる

0201鹿柵・国道44号_convert_20120912213812
国道44号尾幌付近

ご主人の話では「この辺は鹿がもっとも多い、国道の両側に柵も設置している」とのこと

峠を越えて、釧路市街地の風景だ

0202釧路市街地手前_convert_20120912213832
手前

0203釧路駅_convert_20120912213858
釧路駅

JR釧路駅によって、コインランドリーを探すが見当たらない
交番で、少し西にあるとのこと

洗濯を済ませて出発

道路は国道44号から国道38号に

0204道の駅「しらぬか恋問」_convert_20120912213921
道の駅「しらぬか恋問」

10時30分、道の駅「しらぬか恋問」着

0205馬主来沼付近国道38号_convert_20120912213955
馬主来沼付近

0206音別川_convert_20120912214023
音別川

国道38号も変化に富んでいる

0207厚内付近国道38号_convert_20120912214048
厚内付近

幾つかの峠を越えて、14時30分、道の駅「うらほろ」着

0208道の駅「うらほろ」_convert_20120912214110
道の駅「うらほろ」

いよいよ十勝平野へ

0209十勝川国道38号_convert_20120912214130
十勝川国道38号

十勝川を渡り、川沿いに一路、帯広へ

0210礼作別付近_convert_20120912214202
礼作別付近

牧草地から一転、広大な畑に

0211幕別付近国道38号_convert_20120912214225
幕別付近

18時すぎ、帯広市街地のはずれのホテルにチェックイン
落ち着いてから、夕食を食べに「なんちゃっ亭」

0212なんちゃっ亭_convert_20120912214259
なんちゃっ亭

お好み焼きを食べに来たのは、ブロ友の「よしみが行く♪」のよしみ70さんが、娘さん夫婦が営業されている帯広の「なんちゃっ亭」へ大阪から夏の期間だけ行かれているので、初対面に

0213なんちゃっ亭_convert_20120912214343
なんちゃっ亭「よしみさん」

はじめまして!・・・、という感じがしないナァ
楽しかったです、ありがとうございました





【宿泊場所】 ホテルナルムオビヒロミナミ




14日目 9月3日曇り 帯広→広尾 走行距離84K



0301アルムオビヒロミナミ_convert_20120912214415
アルムオビヒロミナミ

今日は、襟裳岬アタック行程で中途半端になるので、広尾まで
80キロほどなので、ゆっくり7時半スタート

十勝平野のど真ん中、国道236号を南下

0302愛国駅_convert_20120912214440
愛国駅

国鉄広尾線跡の駅、「愛の国から幸福へ」でブームに

0303大正付近国道236号_convert_20120912214501
大正付近国道236号

広大な農地

0304大正付近_convert_20120912214525
大正付近

何の機械だろう、藁を散布しているのかなぁ
何をするにも大型機械が必要だろうなぁ

0305大正付近_convert_20120912214551
大正付近

0306幸福駅_convert_20120912214615
幸福駅

国鉄広尾線跡の駅、張り紙だらけ、北京語が飛び交っている

0307道の駅「なかさつない」_convert_20120912214646
道の駅「なかさつない」

10時過ぎ、道の駅「なかさつない」着

0308更別付近_convert_20120912214714
更別付近

国道236号の周りは、見渡す限りの農作物

0309更別付近_convert_20120912214748
更別付近

0310道の駅「忠類_convert_20120912214845
道の駅「忠類」

12時20分、道の駅「忠類」着
忠類村ではナウマン像の化石が発掘されたことから「ナウマン像記念館」が併設

0311道の駅「コスモール大樹」_convert_20120912214924
道の駅「コスモール大樹」

つづいて、道の駅「コスモール大樹」、13時15分着、まさにショッピングセンター

0312国道336号豊似付近_convert_20120912214959
国道336号豊似付近

牛のお尻の行列を見ていると、道は国道336号に

0313広尾_convert_20120912215037
広尾

16時、広尾着、大きな町だ
今夜の宿、町はずれの民宿へ




【宿泊場所】 民宿みなと館





15日目 9月4日雨のち曇りのち晴 広尾→浦河 走行距離99K



今日は、襟裳岬を回り込む
少し出発を遅らせるが、雨が止む様子もなく、完全雨具で7時すぎに出発

0401黄金道路国道336号_convert_20120912230925
黄金道路国道336号

いきなり黄金道路、「黄金を敷き詰められるぐらい建設費がかかっている」から黄金道路
国道336号だ

2キロ超級のトンネル、雨なのでアリガタイ!

0402黄金道路_convert_20120912230945
黄金道路国道336号

交通量も大型も少なく快適だぁ

0403黄金道路_convert_20120912231009
黄金道路国道336号

0404黄金トンネル_convert_20120912231031
えりも黄金トンネル

最後は、北海道最長の4941m
さすがに長かったぁ

抜けると襟裳岬への道、道道34号へ

0405道道34号へ_convert_20120912231055
道道34号へ

0406拾い昆布漁_convert_20120912231120
拾い昆布漁

雨が止んできた
長い棒で流れ来る昆布を引っ掛けている

こういう光景は、頻繁につづく
流れ着く場所は決まっているのだそうだ

0407道道34号_convert_20120912231205
道道34号

10時50分、突端に到着

0408襟裳岬灯台_convert_20120912231439
襟裳岬灯台

常に強風が吹くという話だが、今日は「強風」まで、ない!

0409襟裳岬_convert_20120912231511
襟裳岬

「何もない♪」とまで歌われた襟裳岬
「風の館」まで定休日!

0410襟裳岬_convert_20120912231549
襟裳岬

0411道道34号_convert_20120912231618
道道34号

襟裳岬を西側に回り込むと、天候ががらりと変わり、晴れ間も見えてくる

0412国道336号_convert_20120912231640
国道336号

再び国道336号

0413国道336号様似付近_convert_20120912231702
国道336号様似付近

海に出ている先がエンルム岬、手前の浜辺にはカモメカモメカモメ

0414親子岩_convert_20120912231722
親子岩

左から、おかあさん、おとうさん、こども、かな

0415浦河_convert_20120912231748
浦河

大きな町、浦河に16時前に到着
中心部の旅館へ



【宿泊場所】 中央旅館




16日目 9月5日晴 浦河→苫小牧東港 走行距離107K



今日は、最終ラン、苫小牧フェリーターミナルまで約100キロ
分割して目指していた「北海道一周」完成、そして同時に「日本一周」完成は、もうすぐそこ!

「あんぜん。アンゼン、安全」気を抜かずに走るぞぉ

5時40分起床、6時30分出発

0501国道235号堺町付近_convert_20120912232310
国道235号堺町付近

天気はいいし、追い風

峠を越えて、また海が見えてくる

0502国道235号萩伏付近_convert_20120912232343
国道235号萩伏付近

国道235号を快調に進むと、道の駅「みついし」到着

0503道の駅「みついし」_convert_20120912232405
道の駅「みついし」

管理人のおっちゃんとお話

道の駅「みついし」は周りの漁業権を買っているので、キャンプでは「拾い昆布漁」OK
台風明けなんぞ、ワンサカ流れ着いている
「拾い昆布漁」だけで暮らしていける←ホントかな

0504港町付近昆布_convert_20120912232639
港町付近昆布

「拾い昆布漁」のルールは、漁業権がある人で、漁の時間が決まっているそうだ
場所は決まっていないらしい
取り合いで喧嘩にならないかと聞いてみたが、ならないらしい

0505港町付近昆布束_convert_20120912232706
港町付近昆布束

沢山の若者も昆布干し作業をしているが、家族親戚縁者でバイトではないとのこと
海の都合で「漁」が決まるから、前もってバイト雇えないそうだ

いよいよサラブレッドの町、静内、新冠だ

0506新冠付近_convert_20120912232733
新冠付近

0507道の駅「サラブレッドロード新冠」_convert_20120912232802
道の駅「サラブレッドロード新冠」

12時、道の駅「サラブレッドロード新冠」到着、レコード館も併設している

0508国道235号富川_convert_20120912232820
国道235号富川

富川をすぎ、あと20キロ

0509門別競馬場_convert_20120912232845
門別競馬場

門別競馬場をすぎ、あと17キロ

0510道の駅「むかわ四季の館」_convert_20120912232918
道の駅「むかわ四季の館」

15時30分、最後の道の駅、「むかわ四季の館」着、あと10キロ

0511サイシュウラン_convert_20120912232942
サイシュウラン

国道から離れ、フェリーターミナルへの道を探しながら走る

0512苫小牧フェリーターミナル_convert_20120912233025
苫小牧フェリーターミナル

17時ジャスト、新日本海フェリー苫小牧フェリーターミナル到着
すべての走行線がつながった瞬間だ

0513乗船待ち_convert_20120912233103
乗船待ち

20時30分出航の乗船待ち、チャリダーは私一人




【宿泊場所】 フェリー内




0601沈み行く太陽_convert_20120912233130

9月6日夕、沈み行く太陽、フェリーすずらん




ご声援、コメント、拍手、みなさん、ありがとうございました


にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
2012/09/11

北海道(小樽~苫小牧)中編「アブとの戦い」まとめ




8日目 8月28日晴時々曇り 紋別→網走 走行距離114K



今日は6時前起床、すぐに出発
網走市街地を目指す

道の駅「オホーツク紋別」を過ぎて

国道238号
国道238号コムケ湖付近


昔むかし、鮎の友釣りをしていた頃、虫刺されがなかなか治らず、アブだと云われたが、
アブがこんなに大きいとは知らなかった
大きい蝿がいるなと思っていたが、アブ!

この辺から、何か多い
暑くて半パンだが、漕いでいるペダル付近にウロウロまつわりついてきて離れない
足を振ったり、手で追っ払ったり
いなくなったと安心していると、「痛ッ!」
足を振っても離れない

こんな場所で止まったら、休憩にならない
すぐに出発

アブには、北海道東部まで悩まされた

2802国道238号_convert_20120910235102
国道238号シブノツナイ湖付近

いよいよサロマ湖が見えてくる

2803サロマ湖月見が浜道路_convert_20120910235123
サロマ湖 月見が浜道路

道の駅「愛ランド湧別」の裏側の「月見が浜道路」を通るとサロマ湖が真横に

2804道の駅「サロマ湖」_convert_20120910235147
道の駅「サロマ湖」

10時50分、道の駅「サロマ湖」着

2805国道238号_convert_20120910235213
国道238号佐呂間別川付近

2806国道238号_convert_20120910235234
国道238号道道442号分岐手前

美しい景色に、つい止まってしまう

2807道道442号_convert_20120910235301
道道442号北進

サロマ湖の東端で道道442号へ

2808オホーツク自転車道_convert_20120910235327
オホーツク自転車道常呂町付近

途中で「オホーツク自転車道」発見
旧国鉄湧網線廃線跡を利用しているそうだ。線路跡で起伏が少なく走りやすい
網走まで続くそうだ

2809自転車道能取湖_convert_20120910235350
自転車道能取湖

能取湖を左に見て

2810自転車道機関車_convert_20120910235409
自転車道機関車、卯原内付近

走っていた蒸気機関車が置かれた休憩所

2811自転車道網走湖_convert_20120910235435
自転車道網走湖、二見ケ岡付近

こんどは網走湖を右に見て、もうすぐ網走市街地

2812網走刑務所_convert_20120910235500
現網走刑務所

17時、現網走刑務所に到着
右端のチャリダーはカマクラ氏、岡山から来た青年で、行きのフェリーは同じ、その後、打合せもせず6回目の再会

2813網走駅_convert_20120910235520
網走駅

JR網走駅裏側の民宿ランプへ

隣部屋の「おっさん」は魚の三枚おろし機の保守に回っている方
三陸での機械の修理話しなど、異業種の話が面白かったなぁ


【宿泊場所】 民宿ランプ




9日目 8月29日晴 網走→ウトロ 走行距離81K



民宿ランプ名物の朝飯券、港の朝市での「海鮮丼」
6時30分の開店にあわせて出発

2901網走漁港_convert_20120911000211
網走漁港

2902網走感動朝市_convert_20120911000230
網走感動朝市

海鮮丼、あまり感動しなかったなぁ

オホーツク海を左に見ながら、国道244号を東進

2903濤沸湖_convert_20120911000250
濤沸湖

直線道路が多い

2904濤沸湖_convert_20120911000308
濤沸湖

2905国道244号_convert_20120911000342
国道244号大栄付近

道の両側は牧草地

2906国道244号_convert_20120911000403
国道244号美咲付近

2907道の駅「しゃり」_convert_20120911000421
道の駅「しゃり」

11時、道の駅「しゃり」到着

2908知床連山_convert_20120911000440
斜里岳

「しゃり」から道道を走る
オホーツク富士とも呼ばれる「斜里岳」

2909知床連山_convert_20120911000459
知床連山

いよいよ、海別岳、遠音別岳、羅臼岳
知床半島突入だ

2910国道334号_convert_20120911000522
国道334号

知床半島横断道路の基点、ウトロはもうすぐ
オシンコシンの滝をみて

2911オシンコシンの滝_convert_20120911000541
オシンコシンの滝

2912道の駅「うとろ・シリエトク」_convert_20120911000603
道の駅「うとろ・シリエトク」

15時、道の駅に到着
本日の宿をネットで探す
少し山を登ったところの「しれとこ村つくだ荘」へ



【宿泊場所】 つくだ荘




10日目 8月30日曇りのち霧雨のち晴 ウトロ→標津 走行距離83K



薄明るくなる頃、起床

3001つくだ荘_convert_20120911000624
つくだ荘

5時20分、つくだ荘を出発

3002ウトロ漁港_convert_20120911001100
ウトロ漁港

一旦、ウトロ漁港まで下って

3003知床横断道路国道334号_convert_20120911001234
知床横断道路国道334号

知床半島を羅臼側へ横断する知床横断道路(国道334号)にはいる
天候がよくない

3004知床横断道路_convert_20120911001253
知床横断道路

3005知床横断道路_convert_20120911001314
知床横断道路

3006知床横断道路_convert_20120911001338
知床横断道路

押し上がりするほどの坂ではないが、一気にコンスタントに上りが続く

3007知床横断道路_convert_20120911001359
知床横断道路

霧雨になってくる

3008知床横断道路_convert_20120911001420
知床横断道路

8時10分、知床峠に到着

3009知床峠_convert_20120911001444
知床峠

標高740m、霧で視界がきかない

諦めて、羅臼側への下りにはいる
下りも、一気にコンスタントに下り

3010熊の湯_convert_20120911001520
熊の湯

根室海峡側に出る前に、「熊の湯」がある

3011熊の湯_convert_20120911001540
熊の湯

少し暑いがいい湯
「写真を撮りまぁーす」といったら全員、写らないようポーズ
写真撮影、みんな遠慮していたみたいで、私が厚かましく撮ったら、みんな撮っていた

3012道の駅「知床・らうす」_convert_20120911001558
道の駅「知床・らうす」

10時、羅臼側に到着

3013知床半島_convert_20120911001620
知床半島

羅臼からは国道335号、陸志別川付近で振り返ると知床半島

3014国道244号へ_convert_20120911001646
国道244号へ

標津市街地手前で、道路は国道244号になる

3015しべつ「海の公園」キャンプ場_convert_20120911001706
しべつ「海の公園」キャンプ場

15時、今日の宿泊地到着
テント設営後、近くの温泉へいって来た
キャンプ場のベンチで夕暮れ時の一服

夕方、着いたチャリダーは、知床峠を昼から通過したらしいが、羅臼岳側は、よく見えたとのこと、残念!



【宿泊場所】 標津海の公園キャンプ場テント




11日目 8月31日晴 標津→根室 走行距離140K



4時30分起床、6時出発

すぐに野付半島の付け根

3101知床半島_convert_20120911001735
知床半島

野付半島との間、尾岱沼の向こうに見える知床半島

3102国後島_convert_20120911001752
国後島

同じく国後島

3103野付半島_convert_20120911001811
野付半島

地平線に見えるのが野付半島

3104道の駅「おだいとう」_convert_20120911001830
道の駅「おだいとう」

道の駅「おだいとう」の展望台は朝早すぎて締め切り

3105国道244号_convert_20120911001851
国道244号

風蓮湖を回り込むように走る

3106国道44号_convert_20120911001909
国道244号

厚床からは国道44号で東進

3107温根沼_convert_20120911001935
温根沼

温根沼の橋を渡ると根室市街地

3108根室市街地_convert_20120911002001
根室市街地

時間は13時半

時間的に厳しいが、根室半島を反時計回りで納沙布岬へ

3109道道35号_convert_20120911002018
道道35号

納沙布岬への道は道道35号

3110日本最東端の学校_convert_20120911002041
日本最東端の学校

日本最北端がつづく
珸瑶瑁(ごようまい)小学校、日本最東端の学校

3111納沙布岬灯台_convert_20120911002101
納沙布岬灯台

15時すぎ、納沙布岬灯台到着

3112納沙布岬_convert_20120911002122
納沙布岬

3113歯舞群島_convert_20120911002142
歯舞群島

岬から歯舞群島が見える
貝殻島の灯台は「すぐそこ」

暮れるまでに根室市街地に着きたいので急いで出発

3114民宿たかの_convert_20120911002159
民宿たかの

今日の宿、根室市街地の民宿



【宿泊場所】 民宿たかの




にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2012/09/09

北海道(小樽~苫小牧)前編「失った映像」まとめ



「失った映像」編です。小樽から紋別まで、スマートホン写真を再使用しています

1日目 8月21日晴れ 小樽港→小樽市街地 走行距離1K



今日の午前0時30分、東舞鶴港を出航して20時間、小樽港入港です



小樽は、昨年7月下旬のチャリ旅(新潟-小樽)のゴール地点
今回は、その続き、海岸線を時計回りで苫小牧まで



フェリーターミナル近くの銭湯オスパへ直行
風呂に入って休憩室で明日まで寝ます

【宿泊場所】 銭湯オスパ休憩室




2日目 8月22日晴れ 小樽市街地→浜益川下 走行距離99K



いよいよ「分割日本一周」の総仕上げへスタートです
小樽から国道5号、国道337号、道道を経由して


石狩川(国道231号)

国道231号で石狩川
船山氏の「石狩平野」の舞台の河口だ
二十歳頃に読んだ小説で強烈に印象が残る

13時半、今日の野営地に到着
浜益の川下海浜公園にテント設営して、温泉に入りたくて4キロほど山へ


黄金山

気になる山が見える、「黄金山」こがねやま、だそうだ



浜益温泉

温泉でマッタリしてから


川下海浜公園

チャリダーに10人ほど会ったが、ここは私一人
朝頃から雨の予報

【宿泊場所】 川下海浜公園テント




3日目 8月23日雨のち曇り 浜益川下→留萌 走行距離65K



朝、明るくなり始めて起床したが、生憎の雨
予報では止みそうなので待つことに


川下海浜公園雨上がり

9時前、ようやく止んだみたい
できるだけ乾かしてからテント撤収


郵便局のカラス

浜益の郵便局で資金を下ろしているとカラスがフロントバックまで開けている



増毛まで、陸の孤島の「雄冬海岸」、トンネルだらけ


雄冬岬

雄冬岬付近は工事中、雰囲気なし


日方泊トンネル2900M

25キロにおよぶ「西の知床」で一番長いトンネルを抜けると。もうすぐ増毛

日本最北端の酒造「国稀酒造」や


旧商家丸一本間家

明治時代そのままの、旧商家丸一本間家を観てから
次の町、留萌まで走って


ホテル神居岩休憩室

ホテルが開放している休憩室で泊まることに


【宿泊場所】 ホテル神居岩休憩室




4日目 8月24日曇りのち晴 留萌→天塩 走行距離122K



4時45分起床、5時20分出発
今日はサロベツ原野の手前まで走りたい


国道232号

昨日の道路と違い、今日は平坦


花田家の番屋

明治後期、ニシンの到来を待ち、ニシン魚の基地

沖合いには、天売島


天売島


古丹別川

苫前町の古丹別川
吉村昭氏の「羆嵐」の舞台がこの川の支流
開拓団の開墾が上流へと進んで羆により放棄
開拓団の開墾地放棄は羆以外にアブやイナゴなど、いろいろあったらしい

「苫前郷土資料館」へ


苫前郷土資料館 北海太郎

500Kg、8年に及ぶ追跡で射止められた羆
人間を襲ったのとは別


三毛別羆事件

事件現場再現


天売国道

引き続き国道232号を北進
14時前、道の駅「しょさんべつ」


道の駅「しょさんべつ」


道の駅「てしお」

17時前、今日の目的地、道の駅「てしお」到着


鏡沼海浜公園

少し戻って、鏡沼海浜公園のライダーハウスへ
ここのキャンプ場の料金設定、フリーサイトのテントが500円でライダーハウスが200円


落日直後の利尻富士

隣接の温泉に入って、レストランで食事
なんと美しい利尻富士と夕焼け


【宿泊場所】 鏡沼海浜公園ライダーハウス




5日目 8月25日晴 天塩→稚内 走行距離82K



5時20分、出発
天塩から海沿いの道道106号に入る
サロベツ原野だ
無風に近く、晴れ、絶好の条件


サロベツ原野

沖合いに利尻富士を望み、広大な原野を走る


サロベツ原野

50キロほどの後半は、電柱もガードレールもない


こうほねの家

9時30分
パーキングエリアの休憩施設「こうほねの家」に到着


利尻富士

休憩後、抜海駅に向かう


「抜海駅」

駅舎に置かれているノートに記帳してから野寒布岬へ





ノシャップ岬

町を抜けるとすぐ岬
岬を回りこんで今日の目的地、稚内へ


北防波堤ドーム

テント場に決めていた稚内港「北防波堤ドーム」、テントが張られていない


「南中ソーラン全国交流会」

南中ソーラン全国交流会が開催中の影響らしい


稚内港

稚内港ターミナルセンターで洗濯して、南稚内駅前のホテルへ



【宿泊場所】 ホテル宗谷




6日目 8月26日晴のち曇りのち雨 稚内→浜頓別 走行距離95K



今日は本土最北端とオホーツク海がメイン


国道238号

宗谷湾を左に見ながら最北端へ


本土北端記念碑

7時32分、宗谷岬、「本土北端記念碑」に到着


北の果てから

岬から北の海を望むが天気が悪くてサハリンは見えない


おにぎり

オホーツク海を左に見ながら、国道238号の道路上でおにぎり


道の駅「さるふつ公園」

10時30分、道の駅「さるふつ公園」到着
ここから国道を離れエサヌカ線へ


エサヌカ線



エサヌカ線のまわりは牧草地、ほとんど車も通らない



再び、国道238号と合流して、浜頓別のクッチャロ湖


クッチャロ湖

雨だ、浜頓別市街地の民宿へ


【宿泊場所】 民宿 雄飛




7日目 8月27日晴 浜頓別→紋別 走行距離131K



朝方まで雨が降っていた
5時20分出発



引き続き、国道238号を走る
美しい景色につい止まってしまう


国道238号

真直ぐな海岸線でボコっと突き出した神威岬


神威岬


キャンプ場はリタイア組

神威岬のキャンプ場の駐車場はリタイヤ組ばかり
どこのキャンプ場も道の駅も、ワンボックスカーやキャンピングカーでのリタイヤ組が圧倒的に多い


幌別川

幌別川をわたる頃にカメラの紛失に気がついた
どこで無くしたのか見当もつかない。神威岬はカメラで撮ったが・・・


道の駅「おこっぺ」

ソフトクリームと生キャラメルの興部、道の駅「おこっぺ」でサプライズ
ブロガーが探しに来てくれていた。
声を掛けられビックリ!何と嬉しいことか、カメラ紛失ショックも吹っ飛んだ



大型家電店のある紋別へ急ぐ
カメラを購入するためだ




国道238号

紋別市街地でカメラを手に入れホテルへ


ホテルの部屋から紋別港を望む


【宿泊場所】 ホテルオホーツクパレス






にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2012/09/07

北海道一周完成のチャリ旅備忘録




【 小樽~苫小牧 】走行距離と区間と宿泊場所

0820月 009K 高槻→JR→東舞鶴駅~東舞鶴港  フェリー内
0821火 001K 東舞鶴港→フェリー→小樽港~小樽市街地  スーパー銭湯休憩室
0822水 099K ~浜益川下  川下海浜公園
0823木 065K ~留萌  H神居岩休憩室
0824金 122K ~天塩  鏡沼海浜公園RH
0825土 082K ~稚内  H宗谷
0826日 095K ~浜頓別  民宿雄飛
0827月 131K ~紋別  Hオホーツクパレス
0828火 114K ~網走  民宿ランプ
0829水 081K ~ウトロ  つくだ荘
0830木 083K ~標津  しべつ海の公園
0831金 140K ~根室  民宿たかの
0901土 125K ~尾幌  RHあっけし
0902日 163K ~帯広  Hナルムオビヒロミナミ
0903月 084K ~広尾  民宿みなと館
0904火 099K ~浦河  中央旅館
0905水 107K ~苫小牧東港  フェリー内
0906木 006K →フェリー→敦賀港~JR敦賀駅→JR→高槻
---------------
合計    1607K


【 費用 】8月20日~9月6日

食費  38625
宿泊  36275
雑費  07018
交通  38930
---------------
合計 120848円



にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



2012/09/06

能登沖でマッタリ中




帰りの新日本海フェリー、能登半島沖を通過中で、電波が通じています

敦賀・苫小牧航路の「すずらん」は就航間もない新船

退屈紛れに、宣伝を!



階段ホール

映画も上映中、





朝風呂にも入りました、露天風呂も



電源が使えるデスクもあります

相変わらず、ダメだなぁ~



トレーニングルームで今日も走りましたぁ





にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ